デート

婚活とネガティブな言葉の関係

◉【今何位?!ランキング参加中】
応援して下さる方は、上の3つのバナーバナーのクリックを、毎日宜しくお願い致します。 パソコンとスマホからも、この3箇所を毎日クリックして下さい。
クリックして現れるランキング一覧の中から、再度「日刊○○新聞」を押しててください。

婚活中は、とかくネガティブな言葉を発しがちです。
「自分なんか」「どうせダメだ」「またか」「また同じだよ」「疲れた」「だるい」「やめた」「嫌い」「ムカつく」「イラつく」
このような言葉で日常の生活が埋まる、ムリもないことでしょう。
しかしながら、婚活では、「ネガティブな言葉」は言わない方が良いと、一般的に教えられています。
そこで、この是非について考察していきます。

結論

⭕たしかに、婚活中におけるネガティブな言葉は、発しない方が良さそうです。

理由

ネガティブな言葉は、お見合いを難しくします。

アドバイス

では、どのような言葉を心がけたらいいのでしょうか?
辞書的には、ネガティブな言葉の反対は、「ポジティブな言葉」ということになりますが、ポジティブな言葉とは、どのような言葉なのでしょうか。

私は、「太陽のような慈悲の言葉」だと感じます。
すなわち、無償で手を差し伸べる言葉です。

ズバリ、例

デート中に
「お茶飲む?」
「おやつ食べる?」
「タオルある?」
「疲れてない?」
「寒くない?」
「お腹空いてない?」
「ご飯たべる?」
その他、たくさんあると思いますが、相手を気遣う思いやりの言葉を発すること、
これが、ネガティブな言葉を言わないという意味の本質になるわけです。

これは、結婚生活においても、同じだと思います。

関連記事

  1. 「どうせ私なんか」 その卑屈さが障害
  2. お風呂に一緒に入る効能
  3. 性格が暗い男性は 結婚できないのか
  4. 婚活と酒の関係
  5. 子供が欲しいからあせる婚活女子34歳女子
  6. 20代男性の婚活方法
  7. 女性が無料の婚活パーティーの是非
  8. 共感する男は精力が弱い

婚活ブログランキング

おすすめ記事

しゃべりすぎの男の結婚適格性

おすすめ記事

[茨城常陸太田]ぶどう de 縁JOY

おすすめ記事

[静岡市]昼下がりのスイーツ婚活「ミス・カニンハム」

おすすめ記事

[茨城大子町]プリザーブドフラワー体験

日刊結婚新聞社 公式Facebookページ

レディース向け婚活エステ

婚活を始めるにあたって、女性はやはり「全身脱毛」をすべきだと思うのです。お手入れをしている女性とそうでない女性では、男性は気づくものです。

メンズ向け婚活エステ

男性は、ヒゲ脱毛は、必須の時代となりました。婚活を始める前には、眉毛などもそろえたほうがよろしいでしょう。

PAGE TOP