LINEの使い方

婚活におけるLINEの仕方がわかりません


LINEの仕方について、考察します。
一般的なLINEの使い方、例えば、「アカウントの取り方」「友達登録の仕方」や「スタンプの購入の仕方」、「機種変時の引き継ぎ」などは、他のサイトに任せるとして、ここでは3つのことについて考察します。
 

◉【今何位?!ランキング参加中】
応援して下さる方は、上の3つのバナーバナーのクリックを、毎日宜しくお願い致します。 パソコンとスマホからも、この3箇所を毎日クリックして下さい。
クリックして現れるランキング一覧の中から、再度「日刊○○新聞」を押しててください。

スタンプだけで返信していいのか

LINEの特徴として、感情を絵で表現できるスタンプがあるわけですが、スタンプだけで返信するのは、婚活においては、なかなか信頼できる人間関係を構築できる人とはみなされないと思います。文章で表現すべきです。

LINEでチャット

中高年は、LINEをあたかもチャットのように考えている方が多いようです。すなわち、「今、まだ起きていますか?」みたいなメッセージを送る。「おーい」とか。まったく間違いです。LINEは、メールと同じです。すなわち、相手が気づいた時に見てもらって返信してくれるならば、返信してもらえればいいだけです。リアルタイムにお互い画面の前で文字でチャットするようなものではないのです。まどろっこしい、それなら電話でいいではないですか。このように、LINEでチャットを要求する人は、孤立します。

既読を気にすること

上の項目にも関連することですが、「既読」されたかを、異常に気にする方が多いようです。すなわち、送信したらすぐに既読になってもらいたいと思う方々です。
別に、12時間後に既読になってもいいではないですか?お互いお付き合いしているという認識の状況の中で、3日経っても、既読にならないような場合、よほど嫌われるような事をした覚えがないならば、もしかすると孤独死されているかもしれませんから、気遣う必要はあるかもしれません。しかし、すぐに既読にならないことを、心配する必要は、全くありません。
また、「既読スルー」といって、既読になったにも関わらず、すぐに返信が来ないことに、異常に執着する方がいるわけです。これも間違いです。すぐに返信なくていいのです。返信なくてもいいのです。
既読に拘ると、愛を失います。そして、喧嘩の元です。特に中高年の婚活は、感覚が鈍っていますから、気をつけてください。

アドバイス

LINEの使い方を、お相手やどなたかに聞こうとする方がいます。
それは、一見、素直な方のように見えますが、基本、検索すれば分かることであり、自分からお相手やどなたかに聞くというのは、聞いても変わらないといいますか、そもそも、もっと深いところで、コミュニケーションとは何かを勉強する必要があると思います。言い換えると、独占欲が強すぎます。いずれ全てを失うことになるかもしれません。
 

婚活ブログランキング

おすすめ記事

しゃべりすぎの男の結婚適格性

おすすめ記事

[茨城常陸太田]ぶどう de 縁JOY

おすすめ記事

[静岡市]昼下がりのスイーツ婚活「ミス・カニンハム」

おすすめ記事

[茨城大子町]プリザーブドフラワー体験

日刊結婚新聞社 公式Facebookページ

レディース向け婚活エステ

婚活を始めるにあたって、女性はやはり「全身脱毛」をすべきだと思うのです。お手入れをしている女性とそうでない女性では、男性は気づくものです。

メンズ向け婚活エステ

男性は、ヒゲ脱毛は、必須の時代となりました。婚活を始める前には、眉毛などもそろえたほうがよろしいでしょう。

PAGE TOP